私って「くすんでた」んだって思ったときのこと

独身で20代の頃って、正直「くすみ」ってどんな状態か分からなかったんです。対義語にあたる、透明感というのも。言いたいことは分かるのですが、自分の肌がくすんでいるのか否かが分からないという感じ。
そんな状態で、結婚して子供が産まれたらもう、自分のスキンケアなんて二の次!になってしまいまして。お風呂後も肌がカピカピになってもまずは子供の体を拭いて着替えさせて、って毎日。子供の全身用乳液をついでに自分の顔に塗ってスキンケア終了!という、昔の自分が聞いたら目が飛び出そうなほど酷いスキンケアしてました。
でも、子育てにある程度慣れてきた数ヵ月後、ふと思い立って久しぶりに鏡の前にたったら、クマやらしみやら、もう荒れた肌の自分に呆然。1分でもいいからちゃんとやろうと、虎の子のクレドポーボーテの化粧水に、乳液とクリームは安いのだけど、ちゃんと手順を踏んでスキンケアを再開しました。
その3日目ぐらいだったか。鏡の前の自分に逆の意味で呆然。透明感とはこのことか、くすみが抜けるってこういうことか!って実感しました。
ちゃんとお手入れすることって、大事なんですね。

子どもがスイミングを習っている間に、フィットネスで汗を流す

子どもが生まれてから7年経ちました。何とか現状維持を保っていた体重もここのところ、上昇傾向にあります。プラス2kgですが、今のうちに撃退しておかなければずるずると増えていってしまう予感です。甘いケーキやスイーツ類は我慢できますが、おいしいお食事と、お酒を飲むことが大好きなので、運動で体重を減らすしかありません。しかし、毎日ふたりの子どもの幼稚園の送り迎えや小学生の習い事のケアで時間に余裕がありません。
最近、増やした上の子の習い事がスイミングなのですが、なんと同じ場所の別のフロアでフィットネスクラブがあります。下の幼稚園の子どもも同じ曜日の同じ時間にスイミングのクラスを移動すれば、90分間のフィットネスタイムが確保できます。待ち時間を有効につかえて一石二鳥です。そこで10年ぶりのフィットネスデビューをいたしました。やっぱり汗をかくのは気持ちいいですね。シャワーを浴びてから帰りたいところですが、そこは我慢して、週1の貴重なフィットネスに励んでいます。

筋肉をつかうと冷えが改善されるって本当?

女性の悩みで多いのがからだの冷えです。
からだが冷えると頭痛や肩こり、腰痛の症状があらわれます。
生理痛がひどくなるという人もいます。
このような症状は、からだが冷えて血管が収縮するため起こります。
血管が収縮すると血液の循環が悪くなりさまざまな器官の機能や免疫力を低下させてしまうことになります。
からだの冷えを改善するために、くつ下を重ね履きする、または分厚いくつ下を履いている女性もいます。
しかし外から温めることをしても自分のからだで熱をつくれなければ冷えが治ることはありません。
からだの熱をつくっているのは筋肉です。
筋肉を使えば熱を産生します。
筋肉の動きと同時に全身の血行が促進されて体温が上がります。
冷えを改善できるからだにするためには筋肉を動かすこと、そして筋肉をつくるたんぱく質をきちんと摂取すること、すばやく熱に変わるエネルギー源である炭水化物を摂取することです。
女性はダイエットで炭水化物を抜くということがありますが、冷えや倦怠感、集中力の低下を招きますので炭水化物抜きダイエットはおススメ出来ません。
炭水化物をきちんと摂取して運動することをおススメします。

楽しいことしかしたくない!美容も気から!

33歳、毎日お酒飲んでます。寝る時間も食生活もどちらかといえば不規則ですが、いつもだいたいマイナス10歳くらいに見られることが多いです。もちろん、化粧品に気を使ったり、サプリメント飲んだり、お水たくさん飲んだり気をつけているけど、それと同じくらい大切にしているのが、毎日を楽しむこと。笑うこと。病は気からということわざがあるけれど、美容も気から、だと私は思っています。もうこんな歳だし、どうせ…と諦めてしまったらそこで試合終了。女性はどんどん老け込んでいきます。特に30歳をターニングポイントにしてしまう女性が多いけど、30代だって充分輝ける。むしろ、歳を重ねたほうが人間としての魅力も増えて、もっともっといい女になれると思っています。だから私は毎日誰かと会って、好きなお酒を飲んで、楽しい話をして、行きたいところにいって、でもときには引きこもってひたすら趣味に徹したり。会う人も歳上から歳下まで幅広く、いろんな感性を持ったいろんな人と話すと自分の幅も広がってもっと楽しいことが増えていく。だから、楽しいとこしかしたくないし、嫌なことをやってる時間もない。毎日笑うことが何よりも効果のある美容液。

ダイエット成功への道のり!即効性を求める

20代後半女性です。昔から太りやすい体質プラス便秘症で幾度となくダイエット、便秘解消のサプリ等を試したのですが大成功した!という経験はなく色々な試供品、ダイエット食にお金をかけてきました。その中でも唯一効果があったと言えるダイエット方法をご紹介します。それは当時20歳の頃、どうしても1ヶ月以内に5キロ減量しないといけないという使命があり、とにかく即効性のあるものをと思い考えたのがSOYJOYダイエットでした。断食ダイエットは絶対に継続できないとわかっていたのでSOYJOYで置き換えダイエットをしました。朝は普段と変わらず炭水化物抜きの朝食をとり昼、夜のSOYJOY1本だけに置き換えをしました。最初の1週間はなんとも辛い。。お腹が減って気分が悪くなることもありましたが1週間すぎると胃が小さくなったのか段々慣れてきて順調に減量。1週間で3キロ。ここまでは順調。2週目に入り同じ置き換えダイエットを継続するも体重は停滞。0.2キロほどは減るものの今までのようにすんなり減らない。でもここは耐えるのみ。1ヶ月という期限があるのでなんとか必死で戦いながらの置き換え。すると3週目あたりからまた順調に減りだす。もうこの頃には目標の5キロまで到達してました。期限当日まで置き換えを続けてなんと!8キロの減量に成功しました。これが過去最高記録です。その後は徐々に食事を戻しながら今でも維持しています。

スキンケアは、まず肌に負担をかけないことから

私は、スキンケアでいちばん大事なのは肌に負担をかけないことだと思っています。
そのため、すぐ近所のコンビニに買い物に行く程度なら、日焼け止めだけ塗ってノーメイクで行きます。また、外出するときも、メイクはできるだけナチュラルメイク。それも、帰宅したら、メイクも日焼け止めもすぐに洗って落としてしまいます。私は肌の代謝がいいので、日焼け止めを塗った日はボロボロ肌が剥けてくるので、日焼け止めが肌にかける負担がよく分かります。
それが基本なので、そのほかのスキンケアはごく一般的なものだけ。顔は寝起きとお風呂とで二度洗いますが、洗顔クリームを使うのはお風呂で顔を洗うときだけです。でも、化粧水と乳液は、お風呂上がりも寝起きも両方しっかりします。保湿クリームなどは、冬場に乾燥肌ができたときだけ使っています。ちなみに、日焼け止めはその時々で変化しますが肌への負担が弱いベビー用のものを使っています。洗顔クリームはナチュレで、化粧水と乳液はちふれ、保湿クリームは基本はニベアですが使用量が多いときはその時々で変えています。

がんばれ!う○ちくん!腸美人は肌美人

女性なら誰でもお肌のことは気になると思います。男性から見ても、可愛い子なのに、お肌が荒れていたりすると、それだけで残念…って方も多いのでは?美肌のために、お金かけていい化粧品使ってがんばってる女性は多いけど、外から入れる栄養は全体の2割ほど。残りの8割は内側からのケアのほうが大事。私も昔はひどい便秘でした。元々お野菜が嫌いだったこともあり、栄養のバランスが悪く、2週間も便秘が続くこともあり、それだけで体調も悪いし、本当にニキビだらけ。思春期にはニキビを隠したくてお化粧重ねてみたけれど、隠しても素肌がキレイになるわけもなく。そこで、私が取り入れたのはお水を飲むことと、極力お野菜を摂取することと合わせて、マルチビタミンのサプリメント。お水は最低でも2リットルは飲みました。水分がなくなるとう○ちくんは硬くなって出づらくなるんですね。そして、便秘薬は無理に排便させるだけで、身体への負担が大きい。理想は自分の力で排便させること。だから、腸を動かさないといけない。そこで必要なのが栄養です。必要なの部品が揃っていて、そこにガソリンというエネルギーが加わってはじめて車が動くように、排便をさせるのに必要な素材が揃っていれば、自然に排便されるんです。それが、人間の身体ですから。私はそれから便秘知らず。身体も軽くて、好きなものをいつでも美味しく食べることができていて、もうニキビもできないお肌になっています。

お肌のためにはやっぱり腸の健康!乳酸菌を毎日取ろう!

ずっと慢性的な便秘がちで困っていた私。
出る時はいいんだけど、溜まってくるとやっぱりお肌がボロボロに…
これはいかん!と思いまして、お肌のためにはやっぱり腸の健康ですよね。
というわけで、毎日乳酸菌を取ることにしました。
基本はやっぱりヨーグルト。
毎朝コップ1杯くらいを食べると良いそうです。
そして意外と、キムチに乳酸菌が多く含まれているとのこと!
キムチは大好きなので嬉しい~ご飯が進んじゃいますね~
でもここで注意。
実はキムチの中には乳酸菌が入っていないものもあるんですって。
つまり発酵していないキムチはダメとのこと。
どういうこと?と思って調べたんですが、どうやらキムチが韓国から日本に入ってくる時に、あの独特の風味が日本人に合わなくて
日本人に合うようにキムチ味の浅漬けというものが開発されたのだそうです。
言われてみれば、国産のキムチってアッサリしてるやつが時々ありますよね。
あれは乳酸菌がはいっていないんですって。
意外な落とし穴ですね!
というわけできちんと発酵したキムチを購入。
まあキムチは毎日食べるのはしんどいので、ヨーグルトとうまく使い分けてます。
そんな感じで乳酸菌を摂り始めて2ヶ月くらいが経ちましたが、今のところ便秘知らずで調子良い感じですよ~
これからも毎日お通じがいいことを願いつつ、今日もヨーグルトとキムチを食べる私なのでした!

お肌のケアに行き詰ったら…思い切って肌断食!

20歳くらいの時から基礎化粧品を色々使ってきましたが、30代に入ってから何だか肌の調子が悪いんです。
エイジングケアを始めないといけないかな?と思って、そういった方面のクリームなんかを足しても、一向に良くならない。
それどころかどんどん悪化する!化粧ノリが悪くなる!一体どうしたら…完全に行き詰っていました。
そんな時に出会ったのが「肌断食」の概念です。
言葉の通り、お肌のケアを一切しないこと。
詳しく見てみると、元々お肌には回復能力があって、基礎化粧品などで甘やかしてしまうと回復力が落ちてしまうのだとか…
えっ?じゃあ今まで私がやってきたことって…
そういえばあんまり化粧品使わないって言ってた友達、肌すごくきれいだった…
それからというもの、完全に全てを断つというのは無理でしたが、少しずつ肌につけるものを減らしています。
最初はクリームを減らして、次は美容液を…といった感じ。
メイクも必要最小限にとどめています。
結果、すごく調子がいいんですよ~
みなさんももしお肌のケアに行き詰ったら、肌断食!
完璧にとはいかなくても、少し引き算してみると本来のお肌が取り戻せるかもしれませんよ!

納豆ダイエットはどうなの?

納豆ダイエットは、本当は効果があるのかどうかを解説。一時テレビで流行った納豆ダイエット。その真相はいかに…。

一時取り上げられ有名になった納豆ダイエット…。
これ、ほんとはどうなの?ということで、少し調べてみることにしました。

ある人は、1か月間、納豆を食卓に入れて、食べ続けました。
また、その間は、少しのエクササイズを取り入れていたそうです。
結果はどうか…なんと1か月で2.3キロも痩せたそうです。
すばらしい!!
次は、それを3か月続けてみると、なんと5キロも痩せることができたとのこと。
なんて、いいんだ納豆ダイエット♪

納豆ダイエットは本当に効果があるのか…実際、納豆を食べたからといって、
痩せれるものではありません。
しかし、納豆というのは、昔から知られているかと思いますが、栄養食品なのです。
カラダにとてもいいのです。
みなさんもそこまでは理解されていると思います。
また、納豆にはデトックス効果や腸内洗浄効果があり、新陳代謝が良くなるんです♪
新陳代謝が良くなる⇒体が健康になる⇒ダイエットに繋がるです。
みなさん、決して間違えてはいけませんよ!
納豆を食べたら痩せれるのではなく、ダイエットに繋がるのです。